2011年05月13日

女子のショートゲーム

いよいよ本日から国内男子メジャー初戦
「日本プロゴルフ選手権」が始まりますね〜☆
今年はどんなドラマをみせてくれるのか、、楽しみですね^^


去る8日の日曜日、女子メジャー初戦
「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」のファイナル
現地に行って観戦してきました!


手元にペアリング表がありますので、
思い出しながら書いていきます。


7時過ぎに会場入りすると、
クラブハウス前の小さめのパッティンググリーンで、
ドライビングレンジへ行く前に軽い練習をしている選手が目に飛び込んで来ました。


水色のボーダー柄の半袖ポロにスカート姿は
諸見里しのぶ選手でした♪


たいていの選手は今や女子の定番となったレイヤード風でしたが、
いつもながら気合の半袖姿!(つうか暑がりなのかな〜?)
ちなみに私も半袖のポロ1枚で、まだ当日の朝方は曇っていてちょっと肌寒かったです^^;


友人と3人で観戦に行ったのですが、
みんな本ゲームより練習風景をじっくりみたい
ということで朝早めに行ったのです。



【レポートその1:ドライビングレンジ編】


ドライビングレンジは東コースに2箇所作られていました。
そしてグリーン廻りのアプローチもできる
大き目のパッティンググリーンがありました。
そんなわけで、レンジとパッティンググリーンを行き来しながら
有力選手の練習風景をじっくりと観させていただきました。


まず、レンジの方から。
左の方のレンジでは不動選手がモクモクと打っていました。


打ち込んで打ち込んで作り上げた
独特の切り返しのタイミングから
一気にフィニッシュまで振り抜くや、、
勢い良くボールが飛び出していきます。


強く太い軸を感じます。



連れの二人は朝食を食べてくると行ってしまいました^^



ひとりになり、右の方のレンジへ行ってみました。
やってるやってる!!
左からディフェンディングチャンピオンのモーガン・プレッセル選手、
その隣が佐伯三貴選手、一打席空いていて、台湾のテレサ・ルー選手、
一番右サイドが智恵ちゃんというとっても豪華な顔ぶれでした。

(さくら選手、桃子選手、アン・ソンジュ選手は左の方のレンジでした・・)


モーガンと佐伯選手の直後ろに陣取りウォッチング♪


モーガン選手はドローヒッター、
佐伯選手はフェードヒッター。


二人ともショットの調子は良さげです。


モーガン選手は中弾道できれいな回転のドローを打ってます。
佐伯選手はやや高めの弾道でしっかりラインが出てます。
見ていてうっとり♪
(結果、モーガン選手はスコアを3つ伸ばし単独6位フィニッシュ、
 佐伯選手は2つ伸ばし2位タイフィニッシュでした)


ちなみに、こんな感じ
↓  ↓  ↓




一番右サイドで打っていた智恵ちゃんに目を移すと、、、
かなり斜めで弾道が見難かったのですが、
ちょっとボールが引っ掛かっていた雰囲気もありました…
(結果、スコアを6つ落として22位タイのフィニッシュでした)


最後まで入念に打ち込んでいたのが、
台湾のテレサ・ルー選手でした。


アドレスからフィニッシュに至るまで
各パーツがスクエアなポジションに収まっていて
とてもいいスイングです!
〜パットが入れば逆転Vもあるかな…なんて見ていました〜
(結果、スコアを1つ伸ばして佐伯選手と並んで2位タイのフィニッシュ)



【レポートその2:パッティンググリーン編】


じっくり見た選手は、


藍ちゃん。上田桃子選手。チェナヨン選手。大山志保選手。不動裕理選手。
です^^


まず、藍ちゃんから^^


ブービースタートのファイナルラウンド、
さすがに緊張感は感じませんでした。


それにしても、多彩なグリーン廻りの
アプローチを魅せてくれます!


7〜8ヤード先のターゲットに対し、
4種類くらいのアプローチをみせてくれました。
さ・す・がUS仕込み!って感じ


対して、大山志保選手。
フェース面を変えずに
ひたすらピッチエンドランで距離感を養っている雰囲気でした。


不動選手のピッチエンドランはスピンが利いています!
2バウンド目でブレーキがかかります!
みていた選手の中では一番スピンが利いたボールを打っていました。


そして、昨年のLPGAマネークイーンのチェ・ナヨン選手。
今回茨城で一番見たかった選手です☆


細身でとってもスタイリッシュです。
やはり昨年みたヤニと同じくらい
なんともいえない雰囲気を感じます。
いわゆるオーラってやつです。


他の選手に比べるとかなりのハイピッチでボールを打っています。
フェースをボールの後ろに構えるや、、
「ス〜ッ」とテークバックして「ポ〜ン」と打つ。


あんまり間を取らずに、
次のボールも打っていきます。


彼女のスイングでとりわけ感じるのは
繊細なスイング軸。


おそらく「ミリ」いや「マイクロ」レベルも動いていない!!


メンタルの強さと
各関節の柔軟性が突出している。


奥のバンカーに入り、モーガンと並んで打っていましたが
とにかくチェ・ナヨン選手のショートゲーム参考になります。


下手にレンジでボールを打っているより、
彼女の練習を見ていたほうが
ハンデ上がると思います^^;


そして最後は上田桃子選手。
トーナメントリーダーで迎えたファイナル。
果たして逃げ切れるのか…


桃子選手が来たときには、
もう誰もいませんでした。


久々の桃ちゃんのVが見たく大ギャラリーが
パッティンググリーンを囲んでいました。


キャディーさんが2ヤード置きにティーを刺し
そこへ向かってランが多目のピッチエンドランで寄せていました。


時折、笑顔ものぞかせ
リラックスムードが漂っていましたが…


結果はみなさんご存知の通りです。


アンちゃんやっぱ強かった!



ではまた。
Have a goodweek end^^
posted by Mr.G at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子ゴルフツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。