2006年06月23日

バンカーショット〜テクニカル編〜

バンカーショットのメンタルですが、
「【心の窓】が開いているうちに打つ」でしたが
ではどのように打つか。。

テクニカル編です。

”多くのゴルファーがバンカーショットで臆病になるのは
 カップの近くでフルスイングしなければならないからだ”
               
                        ボビージョーンズ  



あなたの1クリック、いつもありがとうございます!
2回ほどポチッポチッ♪とクリックしていただけると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
ブログランキング ブログ村

カップまで30ヤードしかないのに、
70〜80ヤードを飛ばすスイングを要求されるのがバンカーショットです。

ですがすぐ近くにカップがあるため、

バックスイングが小さくなったり(よくあります^^;)、
ダウンで打ち急いだり(よくみます^^;)、
しゃくり上げたり(コレもよくみます^^;)

結果、失敗。。。

銀次郎氏がゴルフを始めた頃(昭和27年、1952年)、
SWもPWすらありませんでした。

結局9Iを使うしかなかったとのこと。

さすがに9Iでは、ロフトが少ないしバウンスもついていないので
少しでも失敗したら、決してボールは脱出できません。

そして、銀次郎氏は何度も失敗を繰り返す中で
体で覚えていったのです。

ゆっくり下ろすのが、以下に大切かということ。

さらにゆっくり下ろすには、
大きなバックスイング必要だということを
知らず知らず体が体得していったとのことです。

結論です。


「バンカーにつかまったら
 何はともあれ
 大きく上げて
 ゆっくり振り下ろす」



スタンスの向き、ボールの位置、スイングの方向、
コックのタイミングなどなどの詳細は
江連氏や内藤氏のゴルフレッスンを参考にしてくださいね^^


〜ジーコジャパン、1-4で王者ブラジルに敗れ決勝トーナメント進出
 なりませんでした…玉田の先制ゴールに喜んだのも束の間、
 王者を本気にしてしまいました。
 終了後の俊輔のインタビュー、ピッチ上でしばらく
 起き上がれなかったヒデ…心底悔しさが伝わってきました〜



あなたの1クリック、いつもありがとうございます!
2回ほどポチッポチッ♪とクリックしていただけると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
ブログランキング ブログ村

→ ゴルフ三昧365日♪あいloveゴルフ トップへ




posted by Mr.G at 06:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 【銀のゴルフ】に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前もブログ書いてたんですけど、また始めてみました♪
ぜひ、よかったらコメくださいな★
Posted by モコたん at 2006年06月23日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。