2006年05月29日

同期対決は意地と意地のぶつかり合い

名門日大ゴルフ部出身者が最終組に揃いました。
コースも名門埼玉の狭山GC、USオープン並超難度の
セッティング、そしてグリーンはオーガスタ級・・

〜USオープンは6月第3週ですが、ドイツW杯とかぶりますね・・・〜

そんなタフ&ハードなセッティングを喜んだのは
今や日本の王者になりつつある片山晋呉選手、
そして昨年のダンロップフェニックスで世界の王者タイガーウッズと
プレーオフで死闘を演じた横尾要選手の2人、、

同期対決の軍配の行くへは・・・


あなたの1クリック、いつもありがとうございます!
2回ほどポチッポチッ♪とクリックしていただけると今日も元気100倍です!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
ブログランキング ブログ村

「三菱ダイヤモンドカップゴルフ2006」、
この大会は毎年難コースを舞台に行われています。
来年は再び大洗GCで行われるみたいです。

大洗GCといえば、直道選手と秀道選手の激突となった
日本オープンが語り草です。。

その二人は海の向こうを戦場に選択し、
PGAチャンピオンズツアー(直道選手はつい最近から参戦)、
世界の頂点PGAツアーで活躍しています!

是非とも二人のVが見たいです♪

すいません、話が逸れました^^;
ダイヤモンドカップのファイナルラウンドでした。

パッティングの出来が明暗を分けましたね〜

横尾選手の前半のパット数は9!
それに対し片山選手はパッティングの調子がイマイチでした。

結果、横尾選手は5バーディノーボギーで通算9アンダー、
片山選手は2バーディノーボギーで通算6アンダーと
バーディチャンスをものにできたかどうかの差でした。

「絶対に負けないという強い気持ちを持てるか」
というようなことを解説ブースに入っていた
水巻プロが云っていましたが・・

片山選手より横尾選手の方が、
その気持ちが強かったのかもしれませんね。。

以前トーナメント会場の練習レンジで
プレー後の調整を遅くまでやっていた横尾選手を見ていた事が
あったのですが、とても気さくでナイスガイでした^^

これでツアー5勝目、もっともっと勝ってツアーを盛り上げ
また米ツアーに再チャレンジして欲しいですね♪


あなたの1クリック、いつもありがとうございます!
2回ほどポチッポチッ♪とクリックしていただけると今日も元気100倍です!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
ブログランキング ブログ村

→ ゴルフ三昧365日♪あいloveゴルフ トップへ






posted by Mr.G at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子ゴルフツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。