2008年11月11日

ザ・ジャッジメント

プロ野球日本シリーズが終わりました。


前年Bクラスから就任1年目で
日本一になったというのは史上初とのこと。。


ビールかけではカメラの前で無邪気にピースサイン
を作っていた渡辺久信監督ですが
まさしく信念に裏打ちされた采配(特に第6戦、第7戦)
は見事でした!


WBC監督決めんの
早かったんじゃねーの←ひとりごとです^^;


あなたのクリック、いつもありがとうございます!心より感謝です!!
2回ほどポチッ&ポチッ♪とクリックしていただけるとHappy♪です^^
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
ブログランキング ブログ村

先日のゴルフですが、
ショット&パットともにそんなに悪くなかったのです。。
ニアピンもとれたし(LUCKY〜♪)


何が良くなかったかといえば、
本日のテーマの「ざ・じゃっじめんと」
はい。判断です。


久しぶりに『銀のゴルフ』をパラパラっと
斜め読みしてると、、、ありました!


テーマは「残りの距離」
もろずっぽりです^^;



「キャディさん、グリーンまで残りどれくらい?」
〜セルフプレー主流の昨今、あまり聞かないフレーズですが〜


多くのゴルフファーは毎ホール
この質問を繰り返す。
〜ちなみに私もキャディさん付のプレーの時って
 頼りまくっちゃいます・・・〜


セルフの時は、ヤーデージ杭を
何度も何度も振り返って
クラブを何本も持って迷いに迷う。←これおれじゃん^^;


心の中では、、、
「見た目に近いような気がするけど・・・」
「100ヤード杭があそこならこのクラブでいいかな・・・」



その行為の中に、全てのミスの原因が隠されている!



と銀次郎氏。



「ゴルフで一番大切なのは
 何よりも自分自身なのです!」




はい。


キャディさんは110っていったけど
もっとありそうな気がする・・・とか


ヤーデージ杭から判断すると
ちょうど100ヤードだけど
そんなに遠くには見えない・・・とか


心の中で迷いを抱えたまま
スイングを始めてしまう。。


結果、インパクトで強めたり緩めたり、
すでに心がミスショットの状態に
あるってことですよね。


銀次郎氏は、、、

「ゴルフで頼るべきものは自分以外に何もないのです。
 もしもキャディさんやヤーデージ杭と
 見た目が違うようであれば、
 迷わず自分の判断を優先すべきなんです」


そして、


残りの距離を自分で判断して
結果誤差が出て失敗しても
自身の中でいくらでも調整・修正がきく。


しかし、他に頼ってその失敗を
他人やもののせいにしている限り
いつまでも自分自身を信頼できない
ゴルファーになってしまう。



「・・・」


そうなんですよね!


残りの距離の最終判断をご自身で下したら
後は迷うことなくしっかりスイングをする。
これで行きましょう!!


自分のゴルフスイングを信じ、
自分のジャッジメントを信じ、
ゴルフコースと対峙する。。。


そんなゴルファーになって
ゴルフを楽しみたいですね。


でも心の鍛錬が必要な感じ。
滝にでも打たれてきますか?←やらね〜って^^



あなたのクリック、いつもありがとうございます!心より感謝です!!
2回ほどポチッ&ポチッ♪とクリックしていただけるとHappy♪です^^
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
ブログランキング ブログ村

→ ゴルフ三昧365日♪あいloveゴルフ トップへ


posted by Mr.G at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【銀のゴルフ】に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。