2010年10月30日

最悪ショットと向き合う

台風が接近して来ています。まだこちらは静かですが。。
その影響か女子のIDC2ndラウンドは中止になりましたね…


さて、2010ツアーもいよいよ大詰めを迎えてきました。
男女共に残り5試合のみ。


女子は、現在トップのアンソンジュ選手を
さくらちゃんが3300万円差をつけられて追う展開ですが、
昨年みたいに逆転できるかどうか。。


男子の方もトップは韓国の鬼こと、キムキョンテ選手が首位で
藤田選手と若武者二人、遼くんと勇太選手が追う展開です。
高額優勝賞金のゲームが続きますのでこちらもどうなるか予断を許しませんね。。


しかし、KPOPの世界といい
コリアンパワー恐るべしですね〜!


すみません、ゴルフネタへ行く前にお願いします^^;


ブログランキングに参加させていただいています。
2回ほどポチッ&ポチッとクリックしていただけるとHappy♪です^^
↓ ↓ ↓
ブログランキング ブログ村
人気blogランキング
あなたのクリック心より感謝です!



体格が小さい日本人のための革命的打法「ゆるゆるグリップ」でお馴染みの
高松志門師匠と奥田靖己プロですが、


以前ゴルフダイジェスト誌を斜め読みしていたときに、
「アマチュアはナイスショットの事しか憶えていない。
 ラウンドで出た最悪ショットを憶えていて、
 それを如何に克服していくか。」


うろ憶えで恐縮ですが、そのような事が書いてありました。


確かに自分を振り返ってみても、
10年ほど前に放ったドライバーのバカ当たりなどは
今でも鮮明に憶えています(笑)。


もおか鬼怒公園GCの11番、475ヤードと短いロング。


その日もドライバーはチーピンの山を築いていました。orz
川から緩やかなスライス風が吹いていて、
「ここは思いっきり腰を切ってフェードでも打ってみっか!
(当時、打順が回ってきたときのメンタル)」←打てっこねーだろ。


ドライバーを一閃!(キャロウェイERCUプロスペックだったと思います)


完璧なタイミングで打ち出されたボールは300ヤード先の左ラフへ。、
出た〜〜!パワーフェード!!


残り170ヤード、フライヤーを計算して8で打ったのですが
グリーンをキャリーでオーバー。Oh No〜


な〜んて事も過去にはありました^^


じゃあ、バッドショットは憶えているかって
たくさんありすぎてみんな忘れました←ってオイっ。


正直言いいますと、私の場合スコアを飛躍的に崩していたのが
50ヤード前後のレンジでのザックリと
グリーン周りでのザックリ&カツーントップです。


奈落の底へ落ちますね…


で、私はとにかく50〜60ヤードを徹底的に練習しました。
その契機になったのが、今からちょうど7年前に放映されたNHK趣味悠々
「やる気のあるゴルファーにおくる中嶋常幸のスイング・プレゼント」でした。


ゴルフ上達の秘訣、「すべては感じることから」。


60ヤードショット(SWでのクオーターショットですね。ノンパワーで打てます)を繰り返す中で、
打球の行方ではなく、自身のポスチャーを整えてヘッド軌道や腕、カラダの軌道を感じます。
この良いフィーリングがマッスルメモリーに刻まれて来ると、
現場でもそのイメージで打てるようになります。
成功体験の積み重ねが自信につながってきます。(過信は要注意ですが)


ちょっと復習ですが、、
「1球ごとにポスチャー、アドレスライン、重心の移動、バックスイングの軌道、
 切り返しのタイミングを感じ、素振りのイメージと実打のイメージ誤差を小さくしていく」
はい^^


この50〜60ヤードショット練習を繰り返した事によって
グリーン周りのアプローチも飛躍的に良くなりました☆


最悪ショットを挙げてみると、
ドライバーのどスライス、チーピン、チョロなどなど
セカンドアイアンショットのどダフリ、トップ、シャンクなどなど
グリーン周りのザックリ、トップ、シャンクなどですよね。


しかし書いてるだけで、「orz」って感じ^^;


とくに100を切れない方は、
大叩きホールがあります。


その原因を探っていくと、
大叩きホールで大叩きコース行きのキーになる最悪ショットが潜んでいます。


その最悪ショットを無くして(減らして)
行く方向でスイング作りをしていく必要があります。


大きく分けて
まずパワーショットに問題ありなのか
ノンパワーショットに問題ありなのかを
しっかり見据え課題を克服されるといいと思います。


スコアはノンパワーショットを磨いた方が、
確実に出ます。


60ヤードショットおすすめします。
パワーショットにも繋がってきます。


明日地元のソフトボール大会なんですけど、
グランドコンディション不良で中止かな〜

2010年10月16日

フェダーへ転身中です

いよいよプロ野球も佳境を迎えています。


クライマックスシリーズ
セも今日から始まり、巨人が阪神に勝ちましたね。


パはソフトバンクがロッテを下し
日本シリーズ進出へ王手をかけました。


でも、これってなんかイマイチすっきりしないですよね。
ペナント144試合戦ってきて、3位チームでも
日本シリーズに出られる可能性があるのですから…


で、先日一般紙の読者投稿欄を読んでいると、、


「リーグを2リーグ6チームから、3リーグ4チームに編成し
 そのリーグを制した3チーム+各リーグの2位チームの中で
 最も勝率の高いチームを加えた4チームでトーナメントをやる」だって。


「!っ」
これはフェアだっ!
しかし色々と考えている方がいらっしゃるんですね〜(感服!)



すみません、ゴルフネタへ行く前にお願いします^^;


ブログランキングに参加させていただいています。
2回ほどポチッ&ポチッとクリックしていただけるとHappy♪です^^
↓ ↓ ↓
ブログランキング ブログ村
人気blogランキング
あなたのクリック心より感謝です!



ここ最近、朝練やってます^^


たいてい7:30〜8:30、仕事前に100球ほど打っています。
行ける時は週に3〜4日、平均すると週に2日位ってとこかな〜。
土日祝日はまず行きません^^


球筋をフェードに替えるきっかけになったお話です。


5ヶ月前のGWに女房の実家(長野の佐久穂です)に帰省中、
近くの練習場へ行ったらとにかく不調でサッパリ当たらず…


色々頭の引き出しからイメージを引っ張り出してはトライするのですが
迷路に入り込んでしまい、←スランプに陥ると口を開けて待っていますね(汗)
くさった気分で帰ってくると、何気に竹ぼうきが置いてあり
「ちょっと振ってみっか。」と手に取り素振り。


「ん〜っ。」


なんかいいじゃん、この感じ♪


10回程振ると迷路から抜けられた感じですっきり!
竹ぼうきをしっかり振るのに夢中で、
腕のシンプルな振りが主のスイングに変貌します。


カラダの動きは全く意識しないので従ですが、
窓に映るスイングを見ると
脚もかなり使わされている感じでグッドバランスです。


その後、スイングが良い雰囲気になってきました。


GW後、いつものように朝練しに行くと
いつも打っている2階の左打席周辺が
塗装工事をやるらしく使えませんでした。


そんな訳で、2階は朝から結構混んでいました
(ちなみに平日2階は1コイン100球で、1階は70球。)


1階は比較的空いていたので、
1階で打つ事にしました。


いつもは2階の左サイドの打席で打っているのですが
その日は1階の右サイドの打席に入りました。


右から中央に打っていると、
なんかやたらとフェードが出ます。


まっ、理論は後付で^^


ティアップしてドライバーを打ちました。
左目に打ち出されたボールは右に切れてきます。


このイメージか〜。。。


その後、紆余曲折ありましたが
最近ではなんとか落ち着きつつあります。


自己スイング分析するに、、、


上げる時と降ろす時に
インパクトゾーンに直線ラインをイメージしています。


そのラインに対しクラブヘッドをトレースしていく
イメージでスイングしているのですが、
結果的にややカット目のスイング軌道に
変化したのだと思っております。はい^^


フェースローテも抑え気味な感じで。


藤田選手の一見ユニークで独特なフィニッシュに映りますが、
まさしくあのフィニッシュこそフェースローテを抑えた
往年のパーマーを彷彿とさせるフィニッシュなのです。


ターゲットラインに発射され、
ボールは右に切れていきます。


ちなみに、長年フッカーだった私ですが
過去にチーピンで何度かドラコンをゲットしています(汗)。


先輩に「お前の球、一体どこまで転がるんだよ〜!」なんて
よく言われていました(笑)。


それから10数年経ち、球筋を逆方向に変え
アダルトゴルフ(なんじゃそれ)に転身中です。
もうちょいかかるかな〜^^;



第75回日本オープンゴルフ、3rdラウンドが終了しました。


フェードを操るボールストライカー藤田寛之選手がスコアを1つ伸ばし
単独首位に立ちました。


家の近所、茨城GCを舞台に行なわれた最後のキリンオープン(2001年だったと思います…)
最終日最終組のカップリングは、片山・伊沢・谷口という豪華版。
結局、片山選手が強いゴルフで抜け出し勝ったゲームでしたが。。


その前日、3rdラウンド終了後のドライビングレンジ。
薄暗くなるまでモクモクとボールを打っているひとりの選手がいました。



藤田寛之その人でした。



ゴルファー誰しもが手にしたいタイトル、
「オープンチャンピオンシップ」。


がんばれ藤田!!

2010年10月07日

久々の39&39♪

どこからともなく金木犀の香りが漂ってきます。
秋ですね〜。。。


ONもOFFも忙しくてブログの更新が
丸1ヶ月ぶりになってしまいました(汗)。


昨日はクラクラするような真夏の練ラン以来、
爽やかな秋風と秋の陽を浴びて
ゴルフプレ〜を楽しませていただきました☆


すみません、本題へ行く前にお願いします^^;


ブログランキングに参加させていただいています。
2回ほどポチッ&ポチッとクリックしていただけるとHappy♪です^^
↓ ↓ ↓
ブログランキング ブログ村
人気blogランキング
あなたのクリック心より感謝です!



ドライバーの球筋をフェードに変えて以来、
2度目のラウンドです。
コースは、カバヤゴルフクラブ


スコアーカードにコースレートが書いてありますが、
楓・桜 72.6
桜・梅 72.5
梅・楓 71.7


無論、バックティからでしょうけど^^
回ったのは楓→桜です。


結果、、、




良かったです!


久々に30台を揃えることが出来ました。


楓コース −-1△△−△−△− (39)
桜コース △−−−△△-1△− (39)


くしくも、フロント&バックナインともに
1バーディ4ボギーで乗り切る事ができました〜☆


圧倒的に良かったのが
ドライバーショットと
ショートアイアンです。


ラインが出ていました。


良くなかったショットは、
ティーアップミドルアイアンと
ロングの2オンを狙いに行ったFW。
〜結局フックして左のOBゾーンへ…orz
 打ち直しはフェードが出て2オン成功!(OBなので4オン)
 ボギーで凌げてふ〜っ。。〜


ダウンスイングの初期で
不要な力みが入り、
引っ掛かったボールが出てしまいました。


パットは相変わらず打てずにショート、ショートのオンパレード…(しかしね〜)


ここ最近朝練に行ってなかったのですが、
この好結果は竹ぼうき素振りの成果かな〜
なんて自己分析しています。


右肘の使い方が
シンプルになってきている気がします。


ハーフウェイダウンからインパクトゾーンでの
右肘使いはゴルフスイングの中でも肝と云っても
過言でないパートだと思います。


「アマチュアの右肘の使い方は、実に複雑怪奇な動きをしている」と
プロをコーチングしている内藤雄士氏が云っていた記憶があります。


竹ぼうきの素振りは、
複雑怪奇な右肘使いでは
スムースに振れません。


コレに関してはまた後日詳細に触れたいと思います。


プレー中のメンタリティは
「飛ばさない!乗せない!入れない!」を胸に秘めてプレーしました。
過剰な欲を抑えるべく自己への戒めです。


強いターゲット意識以外は
とにかく過剰な欲を捨てて、
自分のスイングを信じてプレーできたのが良かったです。


一喜一憂せずに自分のスイングを信じ
淡々とホールを積み重ねて行けたって感じ。
〜but、下りの1カップスライス2mのバーディパット、
 左淵から入ったときは、さすがにはしゃぎました(笑)〜


つうか、、実は前日ハードな仕事をして結構疲れていて
余計な力が入らなかったのが一番の勝因かもですね^^;


反省会は、優作くん(はい、藍ちゃんのお兄さんです)なんかも食べに来る
つくばの豚カツ屋さんでやりました〜^^
こちらのマスターも大のゴルフ好きで何度がご一緒させていただきました♪


生、おかわり〜っ!!^^




朝刊のスポーツ面に、
勇太と遼くんがジャンボに花束を贈呈している
3ショット写真が載っていましたね〜!


本当に遅ればせながらジャンボが世界殿堂入りします。
おめでとうございます!!


「(殿堂入りが)うれしいのは現役を辞めてからじゃないかな。
今はキヤノンオープンを勝つことしか考えていない」とジャンボ。


もう一度ジャンボの優勝争いが見たいです。。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。